スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<山崎直子飛行士>帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に約2週間滞在した山崎直子宇宙飛行士(39)が17日、東京都内で帰国後初めて記者会見した。特徴の長い髪を切って現れ、「メキシコ湾の原油流出事故で、毛髪を油の吸着剤に使う試みがあり、協力しました」とボランティア精神をのぞかせた。

 先月20日の帰還直後、「地球の重力で頭に大きな重しを乗せられた感じがした」と話したが、数日で体調は回復。米航空宇宙局の管制官らと意見交換などの業務をこなした。

 会見で、初の宇宙体験を聞かれると「自分の細胞が『なつかしい』と言っている感じ」と表現し、「今後、ISSだけでなく、月や火星に行きたい」と意欲を見せた。また、日本人最後のスペースシャトルの搭乗となった点について、「機械と人が相互にバックアップする優れた設計思想の機体と実感した。この経験を日本の宇宙船開発に生かしたい」と述べた。

 山崎さんは16日に帰国。25日まで滞在し、出身地の千葉県松戸市で帰国報告会などをこなす。【奥野敦史】

<スイレン>津山・衆楽園で咲く(毎日新聞)
ディーボ代表が執筆した記事、「2010年版SEO体得講座 第4回」がgihyo.jpに掲載! ~ 検索アルゴリズムを分析してみよう! 1月26日のYahoo!検索アップデート ~
両陛下、湿生花園をご訪問(産経新聞)
<もんじゅ>また誤警報(毎日新聞)
一体誰がいつのまに…「こち亀」麗子像が真っ直ぐに(産経新聞)
スポンサーサイト

<もんじゅ>警報機誤作動…原子力機構、公表遅れる(毎日新聞)

 6日に運転を再開した高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、燃料破損による異常を検出する警報機が誤作動した問題で、もんじゅを運転する日本原子力研究開発機構が誤作動が起きた後の7日午前に開かれた定例会見で、その事実を公表していなかったことが分かった。「(公表対象となる)故障と判断できなかったため」と説明している。

 原子力機構によると、再稼働から約12時間後の6日午後11時9分ごろ、格納容器内に3台設置されている警報機の1台が警報を発したが、運転データなどから「電気回路のノイズ」と判断してリセット、復旧した。しかし7日午前10時1分以降、同じ機器が断続的に計5回作動。同機構は故障の可能性が高いと判断し、残り2台の交互運転に切り替えた。

 今回の件は国(経済産業省原子力安全・保安院)への報告対象には該当しないが、同機構は保安院に報告。保安院が7日正午過ぎ、報道各社に公表した。

 もんじゅ再開に際して同機構は「大小を問わずトラブルがあれば速やかに公表する」としていたが、7日午前10時から現地で開かれた定例会見でこの事実を公表しなかった理由について「(2回目の誤作動発生前の)午前10時時点では故障と判断できなかった」と説明している。

 同機構によると、8日午前には核分裂反応が連続して起きる臨界に達する予定。次の原子炉停止期間の今月16~20日に原因を調べ、補修や交換を検討するという。【関東晋慈】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:5月6日運転再開を発表
もんじゅ:運転再開 福井県知事が正式に同意

被害者感情と国民理解を重視=B型肝炎和解、慎重に検討-鳩山首相(時事通信)
鶴見川で女性の変死体 遺体が沈むよう細工 死体遺棄事件で捜査 (産経新聞)
小沢氏に再聴取要請=石川議員ら3人も-陸山会規正法違反事件・東京地検(時事通信)
浅田真央らを表彰 文科省の五輪優秀者顕彰(産経新聞)
電子書籍は本当に便利か 日本人は紙の本への愛着が深く…(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。